プロフィール

どうも、しげおチーターです。

バツイチアラフォーのサラリーマンです。私にはハゲという大きなコンプレックスがあります。

ハゲ治療の黒歴史

ハゲの始まりを意識したのは25歳の時。それからあらゆる手段を講じてきましたが、一向に改善せず、30代の終わりにAGA治療を試みます。

それが見事に効果あって、一旦は全盛期の70%ほどにまで回復。しかし、色々あってAGA治療薬の服用を止めてさらに禿げる。

そして再びAGA治療薬を服用し2度目の復活。

それもつかの間、やっぱりAGA治療薬に頼らないでフサフサになりたいと思い、もう一度AGA治療を止めると同時に、生活習慣等の徹底改善を図る。

しかし、生活習慣の改善でも太刀打ちできず、また禿げる。

3度目のAGA治療

そして今、3度目のAGA治療薬での改善を図っています。

そして、徐々にハゲからの脱却を図っている最中でございます。

ただ、ハゲ治療ばかりに意識が行きがちだったのですが、私もすでに40歳を迎え、周りから「老けたな~」とか「もう、おっさんやな」と言われることがグンと増えました。

さらに、年相応ならまだよいのですが、私のことを50歳手前ぐらいに思っている方も増え、いやいやこれはマズイと考えるようになりました。

カメラに収めた自分の姿に驚愕

特に、私が結婚してパートナーがいるならまだよいのですが、現在独身なので、まだまだ老け込む訳にはいきません。

ところが、ふと、自分の外見をカメラに収め、PCで確認したときに、

毎日鏡で見る自分より数段劣化した自分がそこに映っていました。

たるんだ皮膚にガリガリの体、脂ぎったハリのない顔に締まりのない口元。

そして、目を見開いているつもりが半分ほどしか開いていない汗なぜ??

その姿はオヤジを通り越して、おじいちゃんになりそうなほど貧相でした。

自分の姿を変えるチャンス

自分の姿に相当凹みましたが、凹んでいてもどうにもなりません。

という訳で、この際、髪だけでなく自分の外見を徹底的に変えることにしました。

筋肉量、肌のハリ、髪の量やツヤ、立ち振る舞いからファッションに至るまで。

すべてを変えたろうと。

周りを見渡すと、40歳でモテモテの男性はゴロゴロいるわけで、私自身もそうなると決めました。

そのために、毎日がモテる体になるための実験として、様々なことに取り組んでいきます。

外見が変われば内面も変わる

そして、外見を変えれば、内面に自信が溢れ、さらに生活も変わるはずです。

そのような姿をこのブログに記録していきます。

すでにAGA治療により髪には変化が出始めています。

これをさらにフサフサにして、さらに体や肌も若々しくして、女性に不自由しない人生を歩みます。

このブログでは、私の取り組みだけでなく、成功体験などを紹介し、同じ40代で挽回を図りたいと考えているあなたの参考になれば幸いです。