しげおの世界

しげおです。

私は40代の極々普通のサラリーマンです。

40代で幸せな男性って世の中にいったいどれだけいるんですかね?

個人的には、毎日が幸せなんて人は漫画の世界だけだと思っています。それぐらいこの年で幸せと思えるのは難しいです。

あなたは今まで生きてきて、40代は一番幸せと言えますか?

そう言える人はすごいです。羨ましいです。

私は30代はずっと、そして40代に入ってからも、もう人生がつまらなさ過ぎて、生きることがつまらなすぎて、とにかく時が過ぎるだけの日々を過ごしておりました。

年をとるたび恐怖と絶望感が増幅

私の話です。

20代で一度結婚、そしてバツになり、もう十年以上経ちます。

その間、出会いはなし。

30代は良いことが思い浮かびません。思い出がありません。30代の10年間は、ただ生きてるだけで、毎日絶望感を感じながら、”生きているだけなのに自分が生きてきたことを後悔するほど”でした。

以下、生きてるだけの喜びのない私の人生です。

  1. 25歳から薄毛に悩む。30代はハッキリハゲと分かるレベル
  2. 33歳頃からストレスが溜まると頭痛がして翌日まで響く
  3. ハゲが恥ずかしすぎて出歩けない/遊ぶ気も起こらない
  4. 投資に失敗して300万借金
  5. 30代は風俗以外エッチなし
  6. 60代のような体つき
  7. 仮想通貨で失敗し300万に加えて200万の損失
  8. 親とも疎遠になる
  9. 誰とも話さない休日が普通になる
  10. オナニーばかりして猿のような生活繰り返し
  11. 歯ぎしりばかりでアゴがおかしくなる
  12. ストレスで食事をしたら下痢するようになる
  13. AGA治療やめてさらにハゲて絶望的に
  14. 仕事止めたくても止められない日々
  15. 副業頑張ろうとしたが鏡でハゲを見てやる気失う
  16. 同級生とかのSNS見て日本から逃げたくなる
  17. 仕事以外の人からの連絡シャットアウト
  18. 気づけば毎日楽しいこと一つもなし
  19. 年齢だけを重ねることに絶望と恐怖を覚える
  20. 引き寄せの法則にハマるが願いは実現せず
  21. 仕事で周りの人が評価されて凹むがハゲでやる気でず
  22. 小学校の頃の思い出に浸り家では寝てばかり
  23. 同窓会には30代になって一度も行ったことない
  24. 高校時代の友達の連絡は無視、会うのが恐怖
  25. スポーツジムにも通うがやっぱりハゲが気になり半年で辞める
  26. youtube、エロ動画、寝るぐらいしかすることなくなる
  27. 人に見られる、人と話す、人と関わることが恐怖

30代、40代になったばかりの頃はこんな感じでした。

絶望すぎだったのによく毎日会社行ってたなと。よく休まずに行ったなと。よく出勤できたなと思います。朝起きて、気持ちいい朝だった記憶が1ミリもありません。

朝起きてから、何も考えずリラックスできる瞬間はただの1ミリもありませんでした。

なぜならハゲていたので。

朝起きれば絶望から始まります。会社へ行くときは、絶望が過ぎていくのを秒で確認しながら仕事をします。20代の人とかが、将来ハゲたら死んだ方がマシだと言う方がいますが、そんなことできませんよ。死ぬ勇気も起きませんから。

ただ絶望を感じるだけです。

仕事が休みの日は毎日寝て時間が過ぎるのを待つだけです。その時は寝ている間に現実が変わってくれないだろうかと切実に願っていました。もう鬱ですね。

ハゲていても家族がいればまだ耐えれたかもしれませんが、ハゲ・独身の40代では、希望は一つもありませんでした。

30代でAGA治療!復活したが・・・

30代後半に差し掛かったころ、ハゲで絶望でこの世から消えたい毎日から抜け出したく、思い切って専門的なハゲ治療を行う決意をして、AGAクリニックへ行ってみました。

そこで一括では払うことのできない高いお金(40万ほど)を払い、半年ほどでハゲが大幅に回復しました。天にも昇る気持ちになり、仕事も絶好調になりました。さらに気分も急激に明るくなり外出するようになりました。

しかし、AGA治療を始めて8カ月ほどで効果が止まってしまいました。

そして、自分の判断でAGA治療を止めると、止めて2カ月ほどたったぐらいから想像を超えるスピードで一気に禿げていきました。AGA治療を行う以前の状態よりも確実に禿げていったのです。

絶望の淵から救われたと思ってから、数か月後にさらに地獄へ落とされたのです。

なので、もう本当に消えたかったです。あの頃の記憶は絶望すぎて覚えていません。

絶望を癒してくれるのは、家族や異性からの愛だと思います。しかし、その当時、私にはそんなご縁もなく、夫婦やカップルが仲良さげに歩いている姿を見ると、自分の心臓を握られるほど、より強く苦痛を感じましたのを覚えています。

何で自分だけがこんな若くしてハゲに苦しまなければならないのかと。

ただ、私には一つだけかすかな希望の光があり、そこにかけていました。

引き寄せの法則にハマるが

それが引き寄せの法則。いわゆるスピリチュアルな世界にどっぷりつかりました。

ある書籍を読んで引き寄せの法則にハマりました。

自分の潜在意識を呼び起こせば、この絶望の淵から逆転できる。引き寄せの法則を活用すればハゲも治って女性もモテて幸せになれる。

本気で期待していました。

しかし、書籍に書かれたノウハウを続けましたが、自分の願いは一向に引き寄せられず。

むしろ、「願望は実現する」なんて書籍をたっぷり読んで、叶わなかったおかげで、以前にも増して絶望感が増しました。

それから、再度AGA治療を行うも、また髪は衰退しました。

仕事もダラダラ続け、30代前半時よりもさらに、多くの方と疎遠になり、どんどん顔、体も覇気がなくなり老化していきました。

一筋の光

そんな絶望のまま、40の大台に差し掛かったころ、私の人生の方向性を絶望から希望に変えるきっかけに出会いました。

それが、同僚がBMWに乗ってきた話です。

この仕事の同僚がBMWを乗ってきたという、他人にとってはどうでもいいような話がきっかけで、私の考え方が変わりました。

私はこれまで不幸な人生を過ごしてきた。

しかし、それは私が不幸な人生を意識していたからなのです。

不幸な人生や自分自身を意識していたから、不幸な人生や自分になった。

つまり、自分が意識したことを現実で経験していたのです。

それに気づいてから私は自分の意識を変えました。

不幸や出来ない、最悪といったことに意識を向けるのではなく、幸せ、出来る、最高といったことに意識を向けることにしました。

ここまでは、結構色々な方が実践していると思います。

ただ、私の人生が変わったのは、誰よりも徹底できたからだと思っています。

私は絶望の淵にいました。そして何もしたくなくて、時間を持て余していました。

その時間を全部、幸せに意識を向けることにしました。

「幸せに意識を向けること」って最初どうやるか、感覚が分からなかったのですが、今はコツを掴んで気持ちよく幸せを感じられるようになりました。

幸せに意識を向けるようになったと言っても、それですぐに自分の世界が変わる訳ではありませんでした。

気分が楽になった

幸せに意識を向けるようになったからと言って特別目の前の現実が変わる訳ではありませんでした。

幸せに意識を向けたからといって、ハゲがいきなり回復しません。

なので、幸せに意識を向けるようにしても、

「なんも変わらん!・・・」

と発狂しそうにもなりました。

だけど、幸せに意識を向けるようにしてると、気持ちが楽になってきました。

すると、現実が少しずつ変化していったのです。

そして気持ちが楽になり、なんとなく現実が変わってくると、なぜかやる気も起きてきました。

それからです。私がこのブログを書き始めたのはw

気分が楽になったから、ブログを書く行動力が起きています。

40代で思い通りの人生を生きる

行動力が起きて、肉体改造を始めました。

まぁきっかけは自分の体が60代のおじいちゃんのようでショックを受けてですが・・・

だけど、私は自分がモテまくる未来を見つめて、筋トレをしています。

で、筋トレの先のモテるという成功に目を向けると、本当にそうなってきます。

まさに、意識したことが現実になっているのです。

今は肉体改造から始まり、一日一食や瞑想生活など色々なことを試しています。

そして、それはすべて幸せに焦点を当てています。

私が絶望を感じていた頃、私は絶望ばかりに目を向けていました。

しかし、今は希望や幸せに目を向けています。

年齢を超越する

私は年齢を経ることを恐怖に感じていました。

それは、絶望から逆転できる見込みがなくなると考えたからです。

20代でハゲならば、40代にして回復はさらに見込めなくなる。

30代で女性にモテなかった男性は、50代ではほぼ絶望的。

こんなことを考えてばかりいました。このことは、私がマイナス思考というだけでなく、一般的な考えだと思います。40代になると理想の相手と結婚できる確率は統計上確実に下がります。

しかし、私が「幸せに焦点」を当てて過ごしていることは、年齢の恐怖をも無効化します。漫画のようですが可能です。

だから、40代で幸せだと書いています。

今私は、小学生時代の自分の次に幸せです。

今、私は幸せに焦点を当てて人生が変わっています。良くなっています。

それが、日に日に実感できるから、さらに楽しめます。

しかし、まだ幸せに焦点を当てて、3年すら経っていません。

人生で一番楽しかったのは小学校時代。その次に幸せのところまできています。

大学生活もそれなりに楽しかったですが、それをもしのぐ楽しさが今あります。

何度も言いますが、それは

今、私が幸せに焦点を当てているからです。

これは私の感覚ですが、私は人と触れ合う喜びや愛に触れるイメージを「幸せ」ととらえています。

なので、いつも人の温かさに触れている自分に留まろうとすると、幸せになれます。いつでも幸せになれます。

そうすると現実の人生が心地よいものになってきたのです。

40代はハゲしく幸せ

マジでまじで、40代でも50代でも、今が一番幸せだという自分になれます。

このサイトでは色々なことを書いて統一性もありませんが、基本は幸せに焦点を当てて、やりたいと思ったことをすべて試しているだけです。

試したことに失敗もあります。当然ですが。

しかし、失敗したからといって凹まないです。

なぜなら、その行為自体を成功、失敗としている訳ではないからです。

私は幸せに触れる温かさとともに、行動しています。存在しています。

なので、女性にフラれたとしても、おっちゃんに顔面殴られたとしても、女性に包まれる愛とともに行動しているから幸せなんです。

40代は誰でも、過去の自分より圧倒的に幸せになれます。

幸せに焦点を当てていれば。