AGA治療薬やめる決心つきました。令和2年は健康⇒発毛だ!

僕はAGAクリニックで処方されたAGA治療薬の服用により、ハゲていた部分が大幅に回復しました。ほんの数か月前の出来事です。

しかし、僕はこの時から数か月である決断をしました。僕にとってはかなり重大な決断です。

[text type=marker color=pink] AGA治療薬での治療をやめよう!AGAクリニックを卒業しよう! [/text]

これは僕にとって、かなり勇気のいる決断でした。だってAGA治療薬のおかげで順調に髪が増えたのに、それをやめるわけですから。

僕がAGA治療薬をやめる理由は3つ

  • 効果が落ちてきた
  • ミノタブとフィナステリドの副作用で体調不良

効果が落ちてきた

発毛パワーが急激に落ちたというのが最大の理由です。僕の場合、AGA治療薬を服用して1カ月後に初期脱毛が起こり、2カ月目から急激に発毛しました。

そして、2カ月ぐらい急激な発毛期間が続き、3カ月目から落ち着いて、しばらく現状維持が続きました。

しかし、7カ月目からは抜け毛が増えて発毛のピークの7割ぐらいまで落ちました。

結果、服用から7カ月ほどでAGA治療を行う前より、20~30%ほど回復したかなという感じですね。

ミノタブとフィナステリドの副作用で体調不良

もう一つの大きな理由は副作用ですね。

決めてはフィナステリドによる性欲の減退です。自分の気持ち的には性欲が減退したと感じることはなかったのですが、「勃ち」が明らかに悪くなりました。さらに途中でしぼんでしまうみたいな。

また、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用もありました。たまに動悸やむくみが起こりました。

また、これは関係ないかもしれませんが、たまに朝起きて頭痛のする時がありました。

こういったことが続くことがストレスで、この薬をずっと飲み続けるのは無理だというのは感じていて、いつか止めようとは思っていました。

ただ、こんなに早く止めようとは思ってませんでした・・・

補足 AGA治療薬で効果を維持している人も多い

僕はたまたまAGA治療薬の効果が7カ月ほどで落ちましたが、1年とか2年とか維持している人も多いです。

そこは絶対に「〇年は効果があります」というのはないので、もしAGA治療薬による薄毛治療を検討している方は、自分で試してみてくださいね。

AGA治療薬をやめてどうやって薄毛を回復させるのか

AGA治療薬を止めて、薄毛回復に絶望感を感じているのが正直なところですが、改めて、次の取り組みで勝負します。

  • 規則正しい生活(睡眠と食事)
  • イワシ缶生活
  • ブラシマッサージ
  • スクワット(運動)
  • 深い呼吸

というのも、私の弟はハゲてないんですよ。で、何が違うのかって考えたら環境なんですよね。

私は机に向かって、ずっとパソコンとにらめっこしている仕事。弟は工場で体を動かしてる。食事とかはよくわかりませんが、たぶんストレス度合が全然違うのではとにらんでいます。

なので、そういった生活環境の改善で、薄毛を改善できるかもと考えました。どの道、他に方法はないのでとことんやったります。

規則正しい生活(睡眠と食事)

成長ホルモンが分泌される時間に睡眠

まず基本は睡眠です。成長ホルモンが分泌され髪が成長するのは、午後10時から午前2時までとされていますので、その時間にできる限り睡眠を持ってきます。

ちなみに、これまでは午前2時に寝ることがほとんどでした。早くても1時です。大して用事もないのにです。

なので、遅くとも午前0時、できれば午後11時には就寝したいと思います。これで髪を正常に戻していきます。

摂らない食事を明確に決める

髪によくないとされる食べ物を控えます。具体的にはお菓子、清涼飲料水、カレーやトウガラシ、コーヒーなど刺激的な食べ物。

そして、ラーメンや揚げ物、牛、豚肉などの動物性脂質を含む食事です。これはAGAクリニックでも言われました。実際にお菓子や肉ばかり食べていると顔がテカテカになります。

特に私は、脂ギッシュな体質なので、そういったモノを控えることにします。では、たんぱく質は何で賄うのかというと、次に紹介するイワシ缶詰、そして大豆プロテイン、スピルリナでカバーします。

イワシ缶生活

イワシ缶を摂取しようと思ったのは、 「名医のTHE太鼓判!」というテレビ番組でイワシ缶が薄毛に効果的と紹介されていたからです。

イワシにはEPAという血液をサラサラにする効果のある成分が多く含まれています。それらを食べているイワシ漁の漁師に薄毛の人がほぼいなかったそう。

そこでお笑い芸人「我が家」の坪倉が2週間、イワシ缶生活にチャレンジしたところ、頭頂部の薄毛が少し改善している様子が流れました。

そこで、私自身もイワシ缶生活にチャレンジしてみることにしたのです。

ブラシマッサージ

これまで私は手で頭皮を揉んだり、揺らしたりする頭皮マッサージを行っていました。しかし、これを猪毛や豚毛のブラシを使った「ブラシマッサージ」に変えて実践してみることにしました。

「刺激で髪を目覚めさせる」

これが目的です。

ただ、ブラシでマッサージに関しては、頭皮を傷つける、毛細血管が切れるといった否定的な意見の方が多いです。しかし、おそらくその否定的な意見は、自分が試した結果の意見ではないでしょう。

自分で実践した結果が真実です。私はブラシマッサージを実践します。

スクワット(運動)

私は25歳の時に今の職場に転職してから、15年以上冷え性なんです。その間にどんどん髪は薄くなっていきました。

自分の仕事と薄毛は関係していると考えています。

仕事のストレスもありますが、運動をしない職場にずっといたことで、全身の血行が悪くなり、薄毛に繋がったと考えています。

これまで週1回程度の運動はしたことはありましたが、毎日、一定時間というのはありませんでした。

なので、毎日スクワットすることで、体全体の血行を良くして、髪が生える健康的な頭皮に戻してあげたいと思います。冷え性も改善されるはずなので、一石二鳥です。

深い呼吸

最後に深い呼吸ですが、これは全身に酸素を送るのと、自律神経を安定させ、ストレスを軽減させる目的です。

これもテレビで一時期、ロングブレスというモノが流行りました。これは芸能人の美木良介氏が行っていた呼吸法です。こちらもアナウンサーの方が試されていて、効果が放送されていました。

薄毛の男性は浅い呼吸の人が多いそうです。私は深くゆったりとした呼吸で髪に良い環境を作ります。

まとめ AGA治療薬なしで発毛させます!

以上、5つの取り組みで、髪を復活させます。

  • 規則正しい生活(睡眠と食事)
  • イワシ缶生活
  • ブラシマッサージ
  • スクワット(運動)
  • 深い呼吸

ちなみにブラシマッサージに関して参考にしたのは、芸能人の森脇健司氏が針で薄毛を改善したという情報、そして書籍「みるみる髪が生えてくる」高橋由美子著で記載されていた漢方針ブラッシングを参考にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です