自分の髪が教えてくれた!人生を劇的に改善させるのは「睡眠」だよと

今年(令和2年)に入って自分の生活スタイルを大幅に変えました。

何かというと、「睡眠」です。具体的には朝5時に起きて夜23時に就寝するスタイルに変えました。その理由は、「薄毛の改善」には睡眠の質を上げることは必須であるとの情報を目にしたからです。「時間を有意義に使いたい」とか、そんなカッコいい理由ではなく、「ハゲ」を治したいから。そのためには藁にもすがりたいw

そうすると、自分でも信じられないぐらい人生の質が劇的に向上したのです。40代になってこんなことに気づくなんてと今更ながら後悔しまくっています。

少年時代の一日中、遊びに夢中になったあの日のエネルギーを取り戻せます。

なぜ睡眠を見直そうと思ったのか?【ハゲは体の●●の異常】

冒頭お話したように私が睡眠を正そうと思ったのは、ハゲを治したいからです。一般的にハゲは改善するのが難しいのですが、ここ十数年でAGA治療薬と呼ばれるハゲ専用の薬が出来てからは、ハゲを治す人も増えてきました。

私も昨年AGA治療薬を服用して大幅にハゲが改善したんですが、薬の副作用を理由にAGA治療薬が使えなくなりました。

それから見るも無残に髪がどんどん元のハゲに戻っていき、必死で改善策を探していたところ、その一つの改善策として「睡眠」に辿りついたのです。

ハゲは体の自律神経の異常【睡眠が関係】

なぜハゲに「睡眠の質の向上」が有効なのかというと、ハゲに関わらず私たち人間の体の異常は、自律神経が乱れることによって起こります。

自律神経には交感神経と副交感神経の二つの神経があり、それらが体の中でバランス良く働くことで体の機能を正常に保っています。

だけど、体にストレスがかかる生活をおくっていると、この自律神経の二つの神経のバランスが崩れてしまうのです。

そうすると体に異常が起こります。以下のようなことです。

自律神経のバランス崩れて起こる異常
  • 出勤時や大切な場面でお腹が痛くなる/下痢になる
  • 体が冷えて抜け毛が増える
  • 冷え性になる
  • 胸が圧迫されるようなリラックスできないことが続く
  • ぐるぐると眩暈がすることが増える
  • イライラしてキレやすくなる
  • 顔が脂でテカテカになる
  • 頭痛がする
  • 呼吸をすると鼻が痛くなる
  • 車に酔いやすくなる
  • 緊張する会議などの場で気分が悪くなる
  • やたらと汗が出る
  • 異常に歯ぎしりをする
  • すぐ疲れる
  • 一日中眠たい

これ、すべて私の体に日常的に起こっていたことです。こんな流れですね。

体にストレスがかかる⇒自律神経のバランスおかしくなる⇒体に不調が出る

で、この自律神経のバランスを整えるのが「良質な睡眠」なんですよ。

良質な睡眠とは何か【効果を異常に感じている私のやり方公開】

では、どんな睡眠をとれば良いのか。昨年の私と今の私の生活を比べてみます。

昨年の私【自律神経を乱す睡眠】

平日:朝7時に起きて7時20分に出勤。8時~19時まで仕事。19時から23時までダラダラ過ごす。23時から翌日の仕事のことなど、やらなければならないことをする。26時頃就寝。遅ければ27時になる。それまでパソコンをずっと見ているので、脳も興奮状態。

土日:11時~12時ぐらいに目覚める。起きても寒いなどの理由で布団の中で携帯を見たりで、14時ぐらいまで過ごす。14時~17時ぐらいまでブラブラする。17時から家でダラダラ過ごし24時ぐらいに寝ようと思うが、昼まで寝ていたので目がさえる。

結果、朝方4時や5時ごろの就寝。それが土日と続き、翌朝7時に起きるが、調子悪いまま出勤。

こんな生活を送っていました。なのでとにかく朝は調子悪く、体は冷え、ずっと下痢気味、とにかく疲れていました。

今の私【自律神経を整える睡眠】

平日:朝5時に起きて5時30分までぼーっと過ごし、5時半~7時まで掃除や読書など。19時まで出勤。19時~23時までゆっくり過ごし、23時に就寝。

土日:6時に起きる。7時までぼーっと過ごし7時~23時までゆっくり過ごす。23時就寝

今は、基本的に土日も平日も、一貫して23時に寝ています。で、5時か6時には起きています。とにかく体の調子が良くなりました。詳しくは後述のメリット部分で。

私が良質な睡眠のために意識していること

  • 起きる時間が5時~6時、就寝が23時と平日、休日問わず固定しました。
  • 就寝の30分前にはなるべくパソコン・スマホなど光の強いものを見ないようにしました。同時に部屋も少し薄暗くしました。
  • 遅くとも就寝1時間前には食事を済ませるようにしました。また寝ることに集中できるよう夜の食事は腹八分目に抑えました。
  • 暖かいまま眠れるようにお風呂で半身浴をしました。
  • ストレスを感じにくくするために、とにかく「ゆっくり穏やかにすごすよう」意識しました。

最後の 「ゆっくり穏やかにすごすよう」 というのは、自分の経験上、前夜にお酒を飲んで騒いだり、カラオケで力いっぱい歌ったりした翌日は大体、頭が痛くてしんどかったので、それをできるだけ止めて穏やかにするよう意識しました。

睡眠を見直して強烈に感じた●のメリット

① 目がキリっと凛々しくなった

すみません。マジで言ってます。おそらく睡眠を十分に摂って元気になったことで、気分が爽快になったことで目がキラキラしたんだと思います。

多少きついことがあっても、しっかり睡眠をとれば乗り切れる気がします。その気持ちが目に現れたんでしょう。あと単純に眠たくないから目がパッチリ開くってのもあります。

おかげで、鏡を見てニヤける時間が増えました。自己満です。

少年時代って、みんなめっちゃ元気でしたよね?あれは若いってのも当然あると思うのですが、それよりも毎日10時間ぐらい寝てたってのが大きいんじゃないかと思っています。

② 下痢が治った

通勤時にほぼ2回に1回の確率で下痢になり、何度も漏れそうになった経験のある私の下痢がピタっと止まりました。まだ20日ぐいらいしか実践していないのですが、嘘みたいに下痢が起こりません。

ただ、同時に半身浴も始めたので、どっちが効いているのか正確には分かりませんが、たぶん睡眠です。というのも、思い返せば私が下痢が頻繁に起こるようになったのは、中学3年ぐらいからです。

確かその頃から、深夜の2時頃まで起きる日々が続きました。当時、深夜のテレビをよく見ていたのが原因です。「テレビのツボ」という番組をダラダラ見ていました。

高校生でもそれが続き、大学生は深夜のバイトを始め、社会人になるとキャバクラやスナックに通ったので、本当に睡眠を大切にした記憶がないです。

なので、睡眠をちゃんとした今、下痢が止まったのだと思います。

③ 体のくさいニオイがフルーティーに変わった

30歳を過ぎてから、耳の後ろや股のあたり、そして鼻の下や脇がすごく臭かったんです。自分が嫌いになるぐらいw

その原因はストレスや加齢が関係しているのだと大方予想していました。というのも、緊張して自分が汗をかく場で、脇からニオイがその瞬間に発生したとわかるぐらい臭いニオイがしたからです。

だけど、体を洗っても、汗をかきにくい冬になっても、ニオイはなかなか消えなかったんです。それが、睡眠を変えた途端、2週間ぐらいで耳の裏、そして鼻の下のニオイが大分軽減されました。ほとんど気にならないほどです。

股や脇のニオイも少しずつですが減少しています。これも睡眠によりストレスが軽減されることの効果だと思います。

④ 目覚めが良くなり一日を計画的に使える

夜更かしした朝とグッスリ寝た朝とでは、もう世界が違います。まどろみの世界と光輝く世界。それぐらい違います。なので、グッスリ眠るとスッキリ起きて、一日を計画的にエネルギッシュに使えるようになります。

なので、仕事ややりたいことがガンガン進みます。不思議なことに気持ちまで前向きになります。多少の悩みや苦しみを「まぁいいか」と思えるようになります。

⑤ 穏やかな気持ちになれる/イライラしない

睡眠不足だと翌朝眠たくて、一日中イライラしがちです。さらにそれが睡眠に影響し、さらにイライラするという負のスパイラルに陥ります。

しかし、しっかり眠るとイライラしません。むしろトラブルがあっても穏やかでいられます。体が健全だと心に余裕が生まれるのです。

そうやってどんな時でも穏やかにリラックスしていられると、その日の睡眠の質も上がり、正のスパイラルが回りだします。

私はこれで生きるのが楽になりました。

⑥ 髪や肌の質が向上する(元気になる)

当初の目的である髪はどうなったかというと、まだ新しい髪が生えるまではいきませんが、今ある髪が元気になりました。コシが出ました。まだ20日間なので、3カ月後に大きな改善が期待できそうです。

さらに肌の艶もよくなりましたね。ハリも出ました。これは髪と同じように、自律神経が改善され、しっかりと髪や肌に血流が行きわたったのだと思います。

睡眠見直しのメリットを簡単にまとめると

いいことずくめの睡眠ですが、6つのメリットをまとめると、

  • 見た目が健康的でモテる男に近づいた
  • 体が健康的で、子孫を残してもよいオスだと女性に認識される体になった
  • エネルギッシュで活動的な体になった

大きくこの3つに分かれ、いずれも女性に選ばれやすくなる状態に近づいたと思っています。この自信も睡眠のおかげかもしれません。

とにかく、しっかり睡眠をとることは、私の経験上、どんなことよりも人生を劇的に変化させると感じました。

強烈な目的が夜更かししない生活・二度寝しない生活を可能にする

と言っても、あなたが夜更かし生活や二度寝に慣れ親しんでいるなら、睡眠を変えることは容易ではありません。私も基本、怠け者なので睡眠を変えるのは難しいと感じていました。

だけど、私は継続できています。その継続のコツというか秘訣を言いますと、「何がなんでも達成しなければならない強烈な目標と関連づける」ことです。

私が睡眠を変えれた理由は、絶対にハゲから脱出してやるという強烈な目標達成のためです。だから深夜までスマホをダラダラ見るという自堕落な生活を卒業できました。

ハゲになるぐらいなら死んだほうがマシというほど、変えたいという気持ちを持っていたので続けることが出来ているのです。

なので、あなたが睡眠を変えようと思っているなら、強烈なほどの目標を達成する気持ちが必要です。それを達成できなければ人生終わりぐらいの気持ちを持っていると、変えられるでしょう。

とにかく、24時以降に眠る、起きるのが遅かったり、不規則な場合、睡眠を改善すると想像以上にメリットがいっぱいで、自分の人生を変えるほどの気持ちの変化が起こりえます。まずは1週間、スマホやテレビから離れて試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です