ネット断ちしたらストレスが激減しまして笑顔が増えました

あなたは一日にどれぐらいスマホやパソコンの画面を見ていますか?もしその時間にスマホやパソコンを見ることができないとしたら、あなたは何をしますか?

私はそれをしてみることにしました。

パソコンとスマホを見ない生活。いわゆるネット断ち。

それも結構ガチでやりました。期間はまだ10日ほどしか経っていませんが、私が想像する以上に結果的に良いことだらけだったので、見知らぬあなた様にも、めちゃくちゃ伝えたくなったのですw

私がネット断ちをしようと思った最大の理由

私がネット断ちしようと思った一番の理由は、オスとしてレベルアップするための活動に、すべての時間を注ぎたいからです。

自分の能力も上げ、外見も向上させ、経済力も得る。

そのような能力を身につけたいんです。

そのためには、「寝る」「食べる」「サラリーマン生活」以外の時間をすべて「オスとしてのレベルアップ」に充てたいと思ったのです。

すべての時間を「オスとしてのレベルアップ」に充てる

この考え方はホリエモンの影響です。私が最も影響を受けた言葉は以下。

私は起業するに当たって、自分の好きな商売ではなく確実に上手くいく商売から始めたほうがいいと言っている。具体的には、

利益率の高い商売
在庫を持たない商売
定期的に一定額の収入が入ってくる商売
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

をやればほぼ確実にうまくいくと指南してきた。
これは正しいと思うのだが、どうもたまに上手くいかない人がいるみたいだ。
なぜだろう?と疑問に思って考えてみた。

で、これなんじゃないか?と思ったことが一つだけあった。
それは睡眠時間以外のほぼ全てを仕事に使っていないということじゃないかと。

六本木で働いていた元社長のアメブロ「起業してほぼ確実に成功する方法」より引用

つまり、自分のやらないければならないこと以外のすべての時間を自分が「やると決めたこと」に、投資することだと。

ただホリエモンは睡眠だけはしっかり確保していたので、何を削ろうかと考えたとき、真っ先に「無駄な時間」のNO1がPCやスマホをなんとなく見る時間だったのです。

自分の無駄な時間を計算してみた

実際に私の平日・土日のネットに触れる時間を計算してみました。「情報発信」のための時間は除きます。

  • 平日:6時起床後、6時~6時30分(30分)
  • 7時~18時までの仕事の間(昼30分、それ以外の合間など30分)
  • 夜練後帰宅して寝るまでに(1時間)

平日は最低これだけの無駄な時間があります。合計2時間30分。すみません大分控えめに言いました。まぁ確実に3時間はスマホ眺めてます。3時間にしましょう。youtube動画にハマってしまった時はもっと長い。

さらに土日祝日を見てみるともっとひどいです。

午前中:2時間、午後4時間。ほぼこれぐらい見てます。6h/24で休日はざっと4分の1ぐらいネット見てます。異常です。めっちゃ怖いです。

携帯のなかった大学入りたての頃は一体何をしていたのでしょう。(確か携帯が誕生したのが大学1年の終わり頃だったと思う。)

つまり、1日あたりの活動時間を16時間として、1週間の活動時間が112時間。

平日が3時間×5日間=15時間、土日が6時間×2日間=12時間、合計27時間

起きてるうちの約24%がネットで余計なもん見てる。これはヤバい。起きてる時間のうち4分の1はだらだらとネットをみてる。「情報発信」や「仕事」の時間も入れると、起きてる時間のほとんどネット見てるから、そもそも体がヤバそうだ。

その時熱中するが終わると虚しさだけが

ネットは危険。特にYoutubeを見ているときにそれを感じます。私はお笑いや格闘技、サッカーの動画をよく見ていましたが、終わっては関連動画を見ての繰り返しで、気が付けば夜中の2時3時は当たり前です。

休みの日なんかは朝目覚めて、布団に入りながら動画を見だして、気づけばお昼になっていたりする。特に私の場合は独身なので、基本誰に起こされることもありません。

なので、動画を見だすと一直線に廃人行きとなってしまうのです。動画を心ゆくまで見終わったときの虚しさたるやハンパではありません。

一日、動画を見て過ごしてしまったという、虚無感のみが残るのです。

体調にも支障をきたす

また、動画を中心としたネットの見過ぎは、明らかに体調に支障をきたします。直接的、間接的に体調を乱します。

直接的には、目が異常に疲れます。下手すると画面がぼやけたりします。また間接的には動画を見すぎることで睡眠時間をがっつり削ってしまうことが多々あります。

基本、その時、動画に熱中していれば、何時になっても止めることはなく、ひたすら行き着くとこまで行ってしまい気づいたら明け方というのも何度も経験済みです。

そんなときは、翌日、さらにその週ずっと疲れやすく、眠たく、集中できず、さらに胸焼けがしたり、頭痛がしたり、私の場合特に、下痢になったり冷え性がひどくなったりしてしまいます。

健康でないことは、女性の本能により敬遠されるので、婚活にも断然不利になってしまうため、ネットにハマることはマイナスでしかないのです。

ネット断ちのルール

自分の時間をひたすら食われるが嫌でネット断ちを始めますが、以下のようにルールを設定しました。

  • 期間:とりあえず2週間
  • すべての動画をシャットアウトします
  • 情報発信のためのtwitterやブログ更新はOK
  • 仕事のためのPC使用はOK
  • テレビは元々家にないので見ません
  • スマホも使用はtwitter及びSBI証券サイトのみ閲覧

これまでは、ネットを控えようと思った時でも、食事中や待ち時間などに見ることはありましたが、それもなしです。というのも、時間の節約だけでなく、体調やメンタルの部分も含めて変化を確認するためです。

このネット断ちをするとニュースなどもあまり情報として入らなくなりますが、日々目にする情報というのは、どちらかというと「悪いニュース」の方が多いので、それをシャットアウトする方がむしろ私の心は豊かになれるような気がします。

以上のルールに従い、10日間のネット断ちをすることにしました。

10日間のネット断ちの効果はいかに

10日間のネット断ちを終えての率直な感想ですが、私にとっては効果ありすぎて、この先ずっと続けていくことは確定しました。

特によかった効果(劇的な効果)、まぁまぁやってよかったなと思える効果(そこそこの効果)に分けてお伝えします。

一応デメリットと考えられることも記載しました。

劇的な効果

圧倒的に時間が増える

当然ながら自分の目標達成のための時間が増えます。この時間を作るために始めたことなので、ネット断ちは大成功と言えます。

ただ、ネット断ちをやっていて思ったのは、「絶対に成し遂げなければならない目標」がないと実践するのは難しいです。

というのも、そもそも、そういう目標自体なければ、スマホでゲームしたり、Youtubeを見たりすることで十分に人生を楽しめると思うので。

目標達成のための集中力が増す

ネット断ちとはある意味「決意宣言」と同じように思いました。強制的に時間を作ったのであとはやるだけ。そう考えると、起きてすぐに必要な読書をしたり、勉強したりできるようになりました。

以前は、一度集中しても、一旦休憩すると、スマホに手がいき休憩が予想以上に長引いてしまったり、休憩ではなく終了になってしまうことが多々ありました。

ネット断ちを始めて、たとえ少し休憩しようとも、すぐに集中モードに入れるようになったのは大きいです。

何かに一つに集中するためには、同じぐらい時間を使っている何かを止めることが最適だと知りました。

リラックスできる時間が増える(体に良い影響)

仕事の休憩時間や合間にスマホを見たり、家でスマホを見るのは実はリラックスできてないんですよね。 吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史さんは以下のように言っています。

「パソコンやスマホなど近くのものを見続けている間は、目の周りの毛様体筋が緊張しています。交感神経が長時間働きっ放しになるため、自律神経のバランスが乱れやすくなるのです」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14092930V10C17A3000000/

これは私も思い当たる節があって、仕事で一日PCを見続けていると、頭皮がカチカチに固まるんですよね。土日はそうでもないんです。

だから、このネット断ちをきっかけに仕事中も、あまりガッツリPCを見つめすぎないように意識しています。そしてPCを見る時間が長いかなと感じれば意識的に席を立って、トイレで軽く頭皮をマッサージするようにしています。

ちょっと余談になりましたが、ネットから離れる時間が増えたことで、緊張する時間が減ったのです。

そこそこの効果

虚無感に苛まれない

私は過去を振り返って何度も「うわ~、こんな遅くまで動画見続けてしまった・・・」という自己嫌悪を経験しています。

やめられませんでした。そして何度も繰り返し自己嫌悪に陥りました。それがネット断ちをすることでピタッと収まりました。ネット断ちをし続ける限り、動画を見ることもありませんので起こりません。

死ぬときに人生を振り返って、「もっと勉強していたらよかったな~」と思うことはあっても「あの動画見とけばよかったなあ~」と思うことはないので、もうこのまま突っ走りたいですね。

ネガティブな情報の影響を受けない

ネットニュースなどは幸せなニュースよりもネガティブな情報の方が明らかに多いです。そのたびに「こわいなー」「この先日本はどうなるんかなー」とか少なからずマイナスの影響を受けてしまうので、ネット断ちしてよかったと思っています。

また、エンタメ系の情報でも、グラビアアイドルなどの熱愛やエッチな画像などの情報は、結局のところ、自分の欲を満たせるモノではなく、余計に不足感を感じてしまうだけなので、ネット断ちして正解でした。

早く寝ることが惜しくなくなる

ずっと起きて、動画を見ていたいということがなくなったので、最近はほんと、サッと23時に布団に入り眠りにつきます。

また、直前にネットを見ていないことで、睡眠の質もよくなったような気がします。

デメリットは

デメリットですが、情報不足で仕事での取引先との会話に困るかもなんてことを考えていましたが、今のところ、全く困っておりません。

私の仕事はそこまで大層なモノではなかったようですw

あと、お笑いの動画やサッカーの動画などは少し見たいなって気持ちはあります。が、我慢しています。目標達成したら見るつもりです。

まとめ

大きな目標がある場合は特にネット断ちは有効に働きますよ。

時間ができるだけでなく、自分の決意宣言にもなり、集中力が身に付きます。

また、ネットやスマホから意識的に離れてみることで、かなりリラックスできることを実感できます。

食事をしながらスマホを見ていた人。運転の停車中や待ち時間にスマホを見ている人。朝起きてすぐ、そして寝る前にとりあえず情報をチェックしていた人。当たり前だった行動を止めてみると見える世界が変わりますよ。

という訳で、いいことずくめのこのネット断ち。私は当分続けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です